LUV_J.

 /

URL: https://www.youtube.com/watch?v=JulEG3QUb9Q

       

1999年に企画「Be-Music Album Project」より制作が開始され、2000年にリリースしたアルバム。
今日までBMSの名で親しまれる音ゲーの歴史において、「LUV_J.」は記念碑的存在とされている。
アルバム参加者はBMSを制作するクリエイターのみで、マスタリングはMORRIGAN氏が担当。
ちなみにアルバムのブックレットにはBM98開発者、やねうらお氏によるコメントが寄せられている。
収録楽曲については、調べたら出てこなかったのでここに書いておく。
01.dejaQ / MORRIGAN
02.Insane zone / proDEg
03.Nightdiver / Citrus
04.RE-BOOT / us-K
05.83 underground / skns
06.Jungle Fire! / GC3
07.Breathless Day – The Long Twilight Time – / Mocyo!
08.GALAXY PARADICE / P
09.Transportation [ full scale ] / c.a.p.
10.Under The Sunshine / dai
11.digital isles / ARMYTOM
12.Neurodope[S-Style] / Saikoro
13.Party 4U / cranky
14.[AT12]”melancholic boomerang” / Acid tune
※「dejaQ」はアルバム「history One」にも同様の音源が収録されている。(動画LINKは公式音源)

テクノやドラムンベースなどの曲が収録され、全体的に硬派な印象を受ける。
初期のBMS作品は容量の都合上フレーズを繰り返す曲が多かったが、アルバムでもフレーズを繰り返す曲が多く、当時のBMS作品の制作で培ったノウハウが存分に活かされている。
個人的にdejaQのクオリティの高さに衝撃を受けたが、リリース前1999年の時点で曲が完成していたことを考えるとさらに衝撃的だった。
ちなみに収録楽曲には一部BMS作品となったものもあるが、やはりアルバム版とは雲泥の差である。
アルバム参加者の作家としての実力にそれぞれ違いはあるが、いずれも熱が入っていて聴きごたえのある一枚となっている。
「カミワザ DIVINE WORKS / SSamp」と合わせ、BM98を象徴する名盤であることは確実だろう。
現在は廃盤となっているが、同人音楽好きの人にはぜひ一度は聴いてほしいアルバムである。


この記事をシェアする